前へ
次へ

茹で卵の殻を簡単に剥く茹でる前のひと手間

茹で卵は卵料理の中でも簡単なものの一つでしょう。
鍋を用意して卵が隠れるくらいにお湯を張り後はぐつぐつ湯がくだけです。
時間によって半熟や固ゆで、さらには温泉卵なども作ることができます。
ただせっかく作った茹で卵もしっかり殻が向けなくてはうまく作れたとは言えないでしょう。
茹で卵の殻を割る時には固いところに少し打ち付け、日々を作ってからそこから少しずつ剥いていきます。
薄皮がうまく剥ければどんどん剥けていきますが、失敗すると白身の一部が殻にくっついてでこぼこ状態になってしまいます。
食べられる部分が殻に付いたままになるので非常にもったいないでしょう。
殻を簡単に向く方法としては、茹でる前にひと手間かけておくと良いかも知れません。
それは卵の底の部分を軽くつぶす作業です。
殻をつぶすと中が出てきそうに感じますが、そこの部分には薄皮がありそのため中身は出てきません。
横などをつぶすと中身が出てくるので、つぶす部分を間違えないようにしましょう。

Page Top