前へ
次へ

玉ねぎを飴色に炒めるには時間がかかるのか

玉ねぎは生のままでも食べられないことはありませんが、春玉ねぎのように柔らかいタイプでないとなかなか生では食べられないかもしれません。
一方加熱をするとぐんと甘みが増し、飴色になるまで炒めることで色々な料理の隠し味に使えたりします。
砂糖を使わなくても甘みとコクを出すことができます。
色々な料理の下ごしらえでも飴色に炒めた玉ねぎを使うことがありますが、いざ作ろうとするとかなり苦労するでしょう。
当然ながらできるまでフライパンの前から離れることはできませんし、見ているだけでは同じところばかりが加熱されるので焦げてしまいます。
何十分も手を動かし続けないといけませんでした。
簡単に玉ねぎを飴色にする方法としては少し下準備が必要です。
まずは炒めたい玉ねぎをみじん切りなどにしておきそれを冷凍します。
冷凍できたら後はフライパンで加熱するだけですが、生のまま炒めるのに比べて短時間で飴色になります。
冷凍することで組織が壊れ、火が通りやすくなるからです。

Page Top